スポンサーサイト

--/--/-- (--)  カテゴリー/スポンサー広告

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SICKO

2008/05/29 (木)  カテゴリー/日常生活

I watched a movie "SICKO" of Michael Moore.

シッコは「アメリカの健康保険制度」のドキュメンタリー映画。
日本でのキャッチコピーは、「テロより怖い、医療問題」。
マイケル・ムーア監督お得意のブラックユーモアでぶった切っています。

アメリカでは、医療保険が民営化されています。そこが国民皆保険の制度を持っている日本やヨーロッパ諸国と大きく異なる点で、無保険の人が6人に1人もいるそうです。

病院で治療を受ける前に、保険会社に申請し許可を取らなければなりません。
保険会社の許可がおりなければ、物凄い高額な治療代を自腹で払わなければなりません。
保険会社は利益最優先主義のため、いろいろと理由をつけて、許可を出しません。
たとえば既往歴にカンジダ膣炎があっただけで「却下」されます。そんなあら探しをするGメンみたいな人たちがいるんです。
保険会社に勤務する申請を審査する担当の医師は、どれだけの申請を却下したかによって、昇進や報酬が上がるそうです。
いちばんたくさん却下した医師には特別ボーナスが出るそうです。
あり得ません。
その特別ボーナスの裏でどれだけの人が必要な医療を受けることができず亡くなっていったのか・・・。
想像するだけで吐き気がします。

カナダ、イギリス、フランス、キューバでは基本的に医療費は無料だそうで、誰でも病院に行けば無料で診てもらえます。
しかも診療待ち時間は1時間以内。素晴らしい。

でもこの映画の中では医療費の無料化が、他の財源(税金)によって補われているという説明は一切ありませんでしたし、トータルでみた場合の国民負担がどれほどであるのかという比較もありませんでした。
いいところがあればそうでないところもあると思います。

思ったよりも深い内容で、考えさせられる映画でした。

今後『DPC(Diagnosis Procedure Combination)医療費の包括請求の制度』が導入されると
どうなるんだろう。 想像できないや。


FC2ランキング参加中
ポチっとひと押しお願いします! | ・ω・) → 


スポンサーサイト

この記事へのコメント

酷いもんですよねぇ!

アメリカではERの制度が有るので、受診は断らないらしいけど、保険無しで治療されちゃったら、とんでもない高額請求がきますもんね。

保険の事務も大変で、結局保険会社のせいで診療所を閉めた医師もいるらしい・・・

病んでますね。アメリカは。

AZA | URL | 2008/05/31 (土) 18:30

>AZAさん
ねー、ひどいですよねぇ。
何事においてもメリットとデメリットがあるとおもいますが、アメリカの現状は庶民にとってかなり厳しそうです。

くり | URL | 2008/06/03 (火) 11:41 [編集]

コメントを書く

管理人にのみ表示

この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

無料!各種保険比較サービス!
保険総合保険モールは、従来の保険サイトとは違い、単なる見積り依頼だけでなくじっくりとウェブ上で各社の保険内容を見て選ぶことを可能にした新サービスです。自分であれこれと欲しい補償内容を変更し、どの保険会社のどの保険が一番自分に合っているかを選ぶことができ...

時給百円未満 2008/05/30 (金) 22:15

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。